シーズンエンドを迎えるにあたって、来シーズンの抱負。

0
    さて、来週の11/11には2015シーズンが終了し、Rankedも確定するわけです。


    Normal と Ranked の違いを語るのは、過去にもしているのでここでは言及しないで、Ranked を今後も積極的にやっていくにあたっての決意みたいなものを綴って行こうと思います。(今シーズンの反省も込めてw)


    今シーズン、スタート時から春までは、BLOG team も立ち上げて息揚々としていたのが懐かしいのですが、それも2か月ほどで休止状態に。理由は、Team Ranked に挑戦するには、もう少し個々人の Ranked を上げておく必要があるのでは?と思ったからです。

    その後、Twich による個人放送を始めるまでは、違う MOBA に逃げていたというのが正直な告白になります。

    シーズンが終わりに近づき、昨年の頃と比較すると、もっと積極的に Ranked に、果敢に挑む必要がありました。
    Ranked で負けることで順位や Tier が下がるのですが、これを恐れるあまり Normal に行くのは、結局あまり役に立たないことが多いとも思います。


    というのも、Ranked を続け、その後に Normal に行くと、ものすごく緊張が解けた気がします。

    これって、自分では気づかないぐらい、相当なプレッシャーを自分にかけていると思うんですね。なので、Normal ではリラックスしてゲームをしている。それは悪いとは思いません。負けても「あー・・」ってな感じ。
    しかし、本気度が低い。いつだったか、Normal は練習みたいなもので、Ranked 行く前の小手調べだという Summoner もいましたが、実際、本当にそう思います。
    けど、これが Low Ranker にはよくない。

    ただでさえ、知識や操作や様々なことが「身についていない」ので Low なのに、そういうものをあまり意識しない Normal は、勝ったとしても、なぜ勝てたのか、Carry できていたか、自分のどこをもっとよくすると良いのか、Solo なら尚更、分析がしにくく、場合によっては勝ったことで満足して、自分の至らなかったところが分からない状況になりやすい気がするんです。

    Ranked は、そのサーバでの順位が常に動いている、テニスでいうところの世界ランキングと同じようなものです。勝つか負けるかで上下し、勝ち続けると Solo Q の場合、一緒に戦うほかの4人のレベルも上がってきて、要求されることもどんどん上がります。
    いうなれば、Ranked で上がれない Summoner は、たとえ一瞬上がっても、それらの要求を満たす動きが出来ず、やっぱりまた下がるんですよね。

    LoL の Champion は確かに OP だったり、なんでこんなに弱い?なんてのもいますが、結局それって、その Champion を使いこなすだけの自分の中にある「知識」が備わってないことの表れだと思うんです。
    そしてその知識の蓄積は、やっぱり Normal では難しいと感じるようになったんですね。

    理由は、自分自身の吸収力の差です。
    あくまでも、自分自身です。

    読者のみなさん全てがそうとは言えないので、「ふうん・・そうなの?」程度で読んでもらって結構なのですが、緊張して張り切る Ranked では、Killとったりとられたりの精神的な衝撃が、Normal とは比較になりません。

    「なぜ、ああなった?」
    「あの時、どうするのがベストだった?」
    「何を考えた行動だった?」

    これを繰り返し、自問自答し、自分の知識と経験を総動員して考え、次のゲームでは同じことをしないように心掛ける。
    たぶん、こうしていけばいつかはミスも減り、思い描いたゲーム展開ができるようになるでしょう。

    しかし、それは Hight Summoner Ranked での話し。
    Bronz - Gold の間では・・言い換えると、少なくとも全 Summoner の 70% が所属する Ranked Tier に居るうちは、Solo Q で思い描いた通りに他の Summoner を動かすことなど、Carry できないと不可能です。

    だって、誰も K/D/A が、0/5/10 の Support の Ping なんて、気にしないでしょう。

    たとえば、ADC の K/D/A が 4/0/1 程度なら、少しは気にかけてくれるし、中盤 9/2/10 の Mid なら、全員が注意して考えるでしょう。
    1/0/20 の Support が Baron に Ping 入れたら、たぶん、全員寄ってくれるでしょう。勿論状況次第ですが、Baron を狩れるまでの時間で 0 Deth の Support なら状況判断は恐らく的確です。それは数字として証明していることなのです。

    周りが動いてくれない、や、Ping しても注意しなかった彼が悪い、という前に、自分の K/D/A を見て、果たしてそれが、Role として、その時間帯にふさわしい戦績なのかを鑑みる冷静さを持つべきだと思うんです。

    Bot も折らせていない Support が、ADC を2度も kill されている Soraka が、いくら Ping で Doragon コールしても、だれも見向きしないのは、そういう知識しか持っていない Summoner なんだと皆が思ってるからだということに、そろそろ気づくべきでした。
    これは、自分が Soraka をしているから、ではなく、本来 Support は ADC を育成できて初めて認められるようなものです。

    勿論、ワーディング、リワード、デワードなどの Map Contrl は必要な仕事です。

    しかし ADC を危険に晒してワードを挿すのは、隙を作っているのと同じだと、気付くべきでした。
    いや多分、最も古いタイミングで Sopport を学習している時期に学んだ話なのですが、おそらくタイミングをきっちり身に着けてないんでしょうね。

    Solo Q で Hight Ranked に所属するためには、操作力も必要であるけれど、それは最低限 Kill されない程度の技術でよい。少なくとも、それより必要なのは、何が NG で何が GOOD なのかをきちんと分ること。できれば Role 毎にわかると一番でしょうけれど、何分、この年齢では、詰め込む知識にも限界があります。

    定石であるとか絶対にやらないほうがいい行動を経験から学んで、知識を高めていくことが来シーズン以後の目標になると思います。しかしこれは、常に必要なことですね。

    LIVE 配信の視聴カウントも、400を超え、まったく下手くそな Summoner のゲーム放送を見てくださる方もみえ、とても励みになります。来年は肉声も入れて、視聴してくださってる方とのコミュニケーションも出来たら良いなと考えています。

    コメント
    コメントする








       

    calendar


    LoL ブログランキングへ
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM