クラブ運営に、やはりサイトは必要っぽいかな・・。

0
    さて。

    Over Mid 関連記事第二弾。ズバリ、クラブ用の Web Site についてであーる。

    かつて、Lineage兇離ラン運営←(10年ほど前に運営していた私のサイトですw)でも大活躍した Macromedia(現Adobe)のソフト所持者であるわたくしめは、WebSite のデザインもやってました(趣味ですw)。
    当時は、クランのルールやメンバー紹介にはじまり、アイテムのコストや各アイテムはどういう合成になるのかなどのデータもツールとして用意。カレンダーによるイベントの告知(クラン内イベントねw)や、掲示板もギルド専用とWebSite用に分けて設置したりと色々やってましたね。

    この時の教訓で「サイト運営は相当な時間が必要で、イベントも考えたりメンバーの意見も徴収したりとやってたらプレイがほぼ片手間の事になるww」というもの。
    MMORPGですら、そんなでした。が、LoLはそんなに甘くありません
    上手く、強くなりたいなと思うと、サイト運営なんてやってたら(しかもこの年齢でw)上手くなるどころか、足を引っ張るだけのクラブ創設者に成り下がりますw

    そうでなくてもブロンコなので、ノーマルに参加してみんなとプレイする度に、そのプレッシャーたるや半端ありません。キル先行されたら「あー、このレーンはもうだめだw」と(Midってそういうとこ)諦めつつマップでどこが挽回できるのか睨んでるぐらいです。


    とはいえ、今のLoLにシステム化されているクラブ機能は、集団を形成するツールとしてはまずまずですが、かゆいところに手が届かない半端なものだと感じています。

    設立時は軽い気持ちしたが、人が増えれば当然要望が出ます。
    集まった人たちでノーマル行くだけでも良いと思うメンバーもいれば、ランク戦を始める度に、違うクラブのメンバーや自分のクラブのメンバーと行かなきゃいけないもどかしさを持ってる人もいるかもしれません。勿論ノーマルにおいても同じ。
    また、ランク戦を経験してTierを持ってる方なら「それなりの」腕前がわかるので良いのですが、ノーマル中心のサモナーだとTierが付いていないので客観的にも本人もその実力がわかりません。

    ところで、競技性のあるLoLなので、自分の力量を知るのは重要です。
    なぜならブロンコとゴールド1ではできていることと目指す次のステップが全く違うからです。
    たとえノーマル戦オンリーでやっていくにしても、実際に何が出来ていて何が出来ていないのか(NAでの経験談で恐縮ですが、Tierによって変な話「ゲーム中にできていない事」が大体わかってしまいます)、そのプレイを見ているサモナーならアドバイスが出来ますが、見ていないメンバーからすると「相手が話す言葉や状況」からしかアドバイスできません。

    そしてサモナーは恐らく全員が「上手く・強くなりたい」という向上心を持っているハズです。

    例えばサッカー(よく出すなw)で、ゴールして点を取られたくないし、点を取りたいでしょう。野球もしかり、卓球だって、バスケットだって、相手と点数を争ったりタイムを争う「競技」という名のつくものに参加する人たちは、ほとんどの人は「下手でもいい」と思っていないハズです。
    下手でも良いと思っているとしても、良い成績が出たらやっぱり「嬉しい」ハズです。

    その嬉しい度合を、どれぐらいのレベルで求めているかによって、ランクへ行くサモナーやノーマルで楽しむサモナーがわかれるという認識です。そのどちらかにしても「負けるよりも勝った方が嬉しい」に決まっていると私は考えているのです。

    クラブ機能の話しに戻します。

    メンバー数が10人未満なら、集まったらどこかへ行く〜の流れでも大丈夫だと思うのです。大体同時ログインは良くて全員。それぞれにアクティブタイムがあるので、悪い時は2名ということもあるでしょう。つまり、2〜10名のブレ幅があるので真ん中を取って仮に5名としましょう。あれ?チームが出来ますね。
    ところが、20名近くになると、今の理屈でいえば10人ぐらいは集まります。そうすると2チームは作れてしまうわけで、そこでノーマルへ行ったり、ソロでノーマルや、ランクへ行こうというメンバーが存在することになります。

    Over Mid は設立のきっかけが「ランクで頑張りたいこと」なので、このクラブは、いずれランク戦中心へと移行します。ただしノーマルを捨てるわけではなく、ノーマルはあくまでもランクへの足掛かりという位置づけですね。
    ただ、恐らくこれを全面に出していくと「えー?ランクなんて怖くていけないよ」というサモナーもいるでしょう。また「ノーマルなんてやってらんねーよw」という強者も現れるでしょう。けどこれはすべて私の想定内です。

    これもMMORPG時代の経験なのですが、大多数が集まればそれだけ多数の嗜好をもったメンバーが集まり、それぞれの好みに合わせた小集団が生まれます。その小集団がばらばらにならず、うまく機能すれば、このクラブは全然成功なんです。

    ノーマルで得た情報とテクニックを自分のランクで生かしてみたい、次は誰々とランクへ行って試したいな。とか、ちょっとランクで勝てなくなってきたな、誰かカスタム練習に付き合って。ちょっとこのチャンプ触ってみたいからノーマル誰かつきあってくんない?等。

    結局、Over Mid という名の元に、様々な好みを持ったサモナーが集まり、ランクはこんな風に面白い。ノーマルってこういうところがいいよ。など相互の情報交換をきっかけに、いずれはランクへ行って自分の実力をきちんと感じ、それに伴ったアドバイスや的確なリードを受けてさらに上を目指せる楽しさに気付いてもらう

    これが私の思っている今のクラブが目指す姿です。
    私が下手でも構わないよ、というのは根底にこれがあるからです。
    OBTが終了し、正式サービスが始まってさまざまな変化が起こった後変わるかもしれませんが。。。

    負けや下手でもそれは単なる通過点です。人によって通過速度が違います。それを恥ずかしがったり「下手だ」と腐る必要は全くありません。そんなこと、誰もが(海外で活躍するプロでさえ)経験していることです。

    LoLは競技なので、正しい練習や正しい知識を持って長い時間をかけて練習すれば、それだけの答えがちゃんと出ます
    MMORPGと違い、長い時間プレイすればスキルが上がりとんでもなく強い自分になることはありません。
    また、間違った練習、間違った認識、間違った選択をすると、やっぱり上達は遅れるのです。まさにスポーツですね。
    うまいスイングには訳がある、スピードを保つにはフォームに秘密があるように、LoL にも上達の近道が、人それぞれにあるはずなんです。

    うまくなる速度は人によって違います。天性の感性を持っていたら半年でもDiaへ行けてしまいます。年齢とプレイ時間によって可能になることもあります。また、全然下手だけどやっぱりランクが一番面白い(これ私w)というサモナーだっています。


    そのうえで、サイトのイメージなんですが、一番あると良いなと思うのが、意見交換の場所「BBS」でしょうか。Over Mid 専用のクラブ員用BBSみたいなものですね
    ここには戦略的なことや自分が撮った自分のプレイシーンを公開して、上級者からアドバイスをもらえる場にしたいです。LoLのチャットはログオフしたら消えてしまうし、自分の発言を見返すことや、何よりログオフ中の会話がわかりません。専用BBSの形としては携帯やWebからもアクセス可能で、いつでもどこでもみんなと話が出来るようにしようかなと。


    LoLのAppが充実してくれば、その役目も不要かもしれませんが、どうかなぁ・・と思案しているところです。

    コメント
    コメントする








       

    calendar


    LoL ブログランキングへ
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM