LoL 《超》初心者脱出講座<1>

0

    自分も初心者に毛が生えたぐらいな・・です。

     

    それでも、JPN サーバで有りがち・見掛けがちな初心者サモナー諸氏に是非とも、お声がけしてお話をしておきたいことを書き綴っておこうと思います。

     

    初心者というぐらいの自分が書くことなので、これを無視してたら絶対に強くなれないことを述べるつもり。

    なので「基本中の基本」です。

     

    ランクを上げたいとか、今ゴールドだけどプラチナにはどうしたら行けるなんて知りませんw←キッパリ

     

    少なくとも「LoL やるならこれぐらい知っておこう」程度の事です。

    <1>としたのは、いの一番だからw

     

     

    最初に書かずにいられないことばかりです。

     

    .LoL はチャンピオンを倒すゲームではない。倒した方が有利になるゲームである。

    目的ではなく、手段の中に敵チャンピオンを倒すことが含まれているゲームだ。

    もっと重要なのはオブジェクト

    オブジェクトとは、タレット・ドラゴン・リフトヘラルド・バロンナッシャー・インヒビター等の設置物と中立モンスターの事。

    また、勝負はネクサスを破壊しなければ基本的に終わらない。

     

    瀕死のチャンピオンを追うがあまり、森の中で謀殺されるケースが初心者にはたくさんある。だが、敵チャンピオンのKillと同時に考えたいのは、そのKillはオブジェクトが絡んでいるかどうか・・である。

    タレット間際に居座る、ドラゴンを狙っている、中立モンスターを攻撃している等のオブジェクトが絡まないなら、必死になって追いかけて倒すことよりも、自分の行動時間をCS上げに徹した方が良い。なぜなら追っている間、敵もそうだが、自分も時間損失をしていて同じ時間にミニオン或いは中立モンスターを倒した方がExpもゴールドも得られるからだ。

    まして、視界もない森に逃げ込む敵を追う行為は、無謀すぎる。

     

    .まずはレーンで勝とう。勝つこと=Killではない。CSを得ることだ。

    CSを気にするという事は、インターフェースでCSを確認する行為につながる。そして対面或いは他のレーンで各チャンピオンがどれだけのCSを出しているかもわかる。

    CSが上がれば得ているゴールドも多いので、リコールしてベースに戻ったとき効果的なアイテムを直ぐに入手していける。

    装備の差はそのまま強さの差になる。時間当たりのCSが上がれば、強くなれるのだ。

     

    逆にCSが上がっていないとKillに頼るようになる。俺つぇ〜〜したいならKillもいいだろう。しかし、そうやって挑むKillは間違いなく返り討ちだ。なぜなら敵よりもCSが上がっていないこと=敵よりも「弱い」からだ。

    CSは数字だけの指標ではない。相手を確実にLHで打ち取るテクニックがあるという事の表れだ。

    自分のCSよりも高い相手は、間違いなく自分よりも「上手い」ことを認めること。

    それをKillで挽回することなど例えKillできたとしても、それは付け焼刃に過ぎない。

     

    .マップを見よう。そして相手の数を確認しよう。

    マップ見てるよ。という初心者諸氏、ではその時相手は何人見えるだろうか?

    マップを見ると敵アイコンの数が少ない時があるだろう。そんな時にむやみにレーンで仕掛けようと、下がる相手に食い込んでいないだろうか?

    マップを見る意味は、視界確保ができているかと、相手がどこにいるかを確認する事の二つの目的がある。

     

    マップは味方ミニオンがいる周囲・自陣タレットの周囲・味方チャンピオンの周囲、の3種類が基本的に得られる視界だ。

    ワードが重要なのは、その3つが無いところでも見えるようにできるからだ。ワードを活用して相手の動きをつかみ予測する

    予測ができないなら、せめて敵チャンピオンがいるかどうかを見よう

    そう考えるとサポートだけがワーディング(マップにワードを設置する行為)すればいい訳じゃないことが判るだろう

    ワードは1チャンピオンに付き3か所しか置けない。ピンクワード(ビジョンワードという)に於いては1つだ。

    敵が見えない不利な状況でGankしないように心掛けるだけで、相手のチャンスをつぶせる。

    逆に、相手のワードが無い場所は、相手を奇襲する絶好の待機場所なのだ。

     

     

    ひとまず、この3つを頭に入れることが超初心者脱出の条件だ。

    出来てないサモナー、気にしていなかったサモナー諸氏は、すぐにでも見直してみないか。

     

    次回からは、5つの役割(トップ/ミッド/ボット/サポート/ジャングラー)について1つづつ、超初心者脱出講座を掲載しよう。

     

    =使っている用語解説=

    CS

    ミニオンをLHで倒した数。目安は開始10分で70〜80である。

    LH

    ラストヒット(とどめ)の事。ミニオンや中立モンスターはとどめを刺して初めてExpとゴールドを得る(アイテムによる効果は除く)。どれだけ攻撃を加えていても、LHを敵ミニオンや敵にとられると得られないため、特に大型の中立モンスターは、スチール(盗む)を警戒してワード・チェックすることを怠らない事。

    ワード

    ビジョンワード、ステルスワードがあり一般的にワードというとステルスの方をさす。トリンケット黄色はステルスワード。

    ワードはビジョンワード(こちらは視認可能)でないと見つけられず、それ以外でワードを看破するにはトリンケット赤を使う必要がある。また、ワードを看破するポーションもある。

    因みにデワードとはワードを破壊することであり、リワードは破壊されたワードを同じところへ置き直す事である。

    レーン

    マップに示された3つの道路(サモナーズ・リフト)。ここにある敵タレットを壊すことが最初の目標になる。

    マップ

    通常右下にある戦場を上から見た図。グレー掛かった部分は敵が居ても視認できない。川とレーンに挟まれている地帯を森あるいはジャングルと呼ぶ。

    タレット

    敵を自動で攻撃する防衛装置で攻撃範囲があり攻撃の優先順位は、ミニオン→敵チャンピオンの順だ。

    ミニオンの中に敵チャンピオンがいても、ミニオンから先に攻撃する。但し味方チャンピオンが攻撃を受けると、攻撃した相手を狙う。

    ドラゴン、リフトヘラルド、バロンナッシャー

    倒すことでチーム全体に効果が付与される強力な中立モンスター。それぞれに特殊なスキルを持ち、簡単には倒せない。

    リフトヘラルドだけは特殊で、倒した後効果を得られるアイテムを1つ落とし、それを取ったチャンピオンが効果を得られる。

    インヒビター

    敵ベース或いは味方ベースに設置された3つの「防御装置」。攻撃をしないオブジェクトだ。

    これがミニオンの最終破壊目標であり、破壊されると破壊した側のレーンからスーパーミニオンが登場する。インヒビターが3つのレーンで一つでも無くなると、そのレーンはネクサスを狙ってミニオンが攻める。但し徐々にHPが回復し、5分経つと復活するので注意。復活後はそのレーンのスーパーミニオンが出なくなる。

    ネクサス

    最終構築物。これを破壊することで勝敗が決まるが、インヒビターを最低1つとネクサス前のタレット2つが破壊されないと攻撃できない。また時間と共にHPが回復する。


    コメント
    コメントする








       

    calendar


    LoL ブログランキングへ
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM