この秋(2017)、新しいクライアントに変わる。

0

    Riotから既に発表があり、YouTubeでも確認できることで恐縮だが、この秋のプレオープンシーズン中に、クライアントが大きく変わる。

     

    これまでのSummoner Lv30 というキャップが事実上廃止され、さらに IPとRP という二つの通貨があったショップ決済が、ブルーエッセンスにまとめられる。

    そして、ルーンシステムまでもが廃止される。

    これら全体に言えることは、プレイヤー=Summoner にとって、分かり易く、誰もが楽しみやすくなるということらしい。

     

    以下の記事は、公式YouTubeで公開された情報に基づく考察だ。

     

     

    まず、現状のおさらいとして、LoLを始めようとすると、誰もがSummonerLv1からスタートし、経験値とIPというゲーム内通貨を得ながらLvアップをしていく。そしてキャップ(限界点)のLv30までの間に、様々な体験やゲームを通じてプレイ方法を学ぶ訳だ。

    このIPは、勝っても負けても得られるのだけど、これが貯まるとRuneという、Championの能力値を補強・補助するアイテムが購入できる。これらはIPでのみ購入できるため、より多くのケースに対応したいがため或いは、より多くのChampionを使いたい場合に、ジャストフィットの能力を得るために多くの種類のRuneを求めるわけだ。Championには様々な特性がありそれを補強したり補ったりするアイテムがRuneだともいえるためである。

    加えて、IPでChampionも購入できるため(見た目を変えるスキンは買えない)、ある程度は貯まっても無駄にはなってこなかった。

    がしかし、LoLは、既にクライアント・サービスを開始してから5年以上は経つため、IPをもう使うことがないSummonerだって存在し始めている。そこに目を向けて今回の変更になった。

    マスタリーも、クライアント変更に伴って何度も変更されているが、都度Summoner達は以前との違いを考察したりプレイで違いを実感できるか否か・・など研究や学習にいそしんでいたと思う。

     

    しかし、もう一つ、これは個人的に思っていることなんだけど、Runeやマスタリーの補正や補強は、実はチャンピオンを「使いこなしているか・勝負としてゲームになっているか」という点で見ると、少々怪しいと感じている。

     

    なぜなら、Runeやマスタリーの変更を多少加えても、それが劇的にChampionの能力を上げることにならず、過信は禁物だからだ。さらに、それらで補強・補助されているとしても、Championの正しい運用やプレイイングを身に付けていなければ、結局勝てないからである。LoLは、道具が揃っていれば相手を倒せるという、データだけで勝ち負けが決まるRPGではない。

    もちろん、LoLでは経験値で試合中のChampionLvを上げてスキルをより上位にし、アイテムでビルドするという事ができる。

    このビルドは直接値を増やすことができるものであるが、それに対しRuneは〜%獲得させるとか、最初から+15数値が上がるとか、ChampionLvに応じて+1.8加算されるとか、非常に小さい影響だ。

    これほどの差が「Runeで助かった」といえる状況なんて、まさに僅差でせめぎあっている試合で感じられるかどうかで、大抵そんな試合は、お互いのChampionがフルビルドだったり、試合開始序盤で、1v2の状況で助かったとか、あるいは2v2でKillとれたとか、かなり微妙な駆け引きが起きた状況で起こるようなものとみている。

     

    また、Runeは補正・補強するとはいえ、Championの運用を心得るまでは、正直APとADの2種類のRuneセットを作っておけば、大して差に感じない(間違えないでほしいが、Runeは要らないという意味ではなく、研究するほどの時間があるSummonerにとっては有益で有用だが、全体の80%を占める、ブロンズ・シルバーにとって、Runeの差など、それほどのものを生み出さないといいたいだけであるw)。Runeの組み合わせを研究することは、確かに面白いが、もっと最初に学ぶべきは、勝ち方であったり正しい攻め方と状況判断であったり、何よりも「このゲームのキモは、Killよりも何よりも、オブジェクトである」と認識することだ。

     

    何しろ、勝利する条件が(投了以外)「Killが多いチーム」ではなく「最終的に敵の拠点オブジェクト=ネクサスを破壊すること」だからだ。

     

    そういうこのゲームの本質をきっちり理解して、かつ楽しめるようにするには、極力メンドクサイ事や、どちらかというとあまり重要でない要素は、省いた方がよいのでは・・と私も思ったことがある。クライアント変更のたびにマスタリーシステムが変わったりすると、どうも「前のままでいいのか?」と、ありえもしない心配までして新クライアントになれることよりも、マスタリーシステムを調べて変更するところがないか自分のリストをにらめっこする始末だ。本来は、新クライアントの操作に早く慣れたり、一新されたマップに目を配ったり、映像美に感動したいところなのだから。

     

    たぶん、Riotはそういう点で、今までやってきた更新作業に目を向けて改良しようと動いたんだと思う。

     

    プレイ前で恐縮だが、私は今回の変更・更新は、大歓迎したいところだ。

     

    さて、2017年シーズンオフ中に決まる、世界チャンピオン戦は9/20から火ぶたが切られる。まずは、エリア選抜戦で、わが日本からはランページが参戦し、突破を目指してくれるはずだ。ここを突破して、ようやく世界リーグ戦の一チームとして参加する権利を得る。

    ぜひ、観戦しつつ活躍を応援してほしい。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar


    LoL ブログランキングへ
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM