Bronz4突破?

0

    ランク戦8連勝している私ですが、肝心のチャンピオンというと Leona が多く、Midレーナーを目指しているもののサポートピックが多くなっている現状に不安が募ります。

     

    BO3は連続して同じロールがピックされないように配慮?されているようなので、次の Mid プレイで、星を落とさないかガクブルw


    ランク戦初Perfectを得た話。

    0

      一度もKillされることなく勝利すると、Op.GGというサイトでは Perfect と出ます。

      ノーマルでも珍しい、AI戦では常に狙っているのですが、このたびランク戦 Suport で Perfect を取りました。

       

      気持ちがいいというよりも、試合している間は全くそんな意識もなく、ひたすら動き回っていた記憶。

      まさに「どうやっていたのか今思い出そうとすると分からない」という「五輪アスリートが金メダルを取った時のような」話になっていますけれど(たとえが違い過ぎるというツッコミは無しでw)、終わってみたらADCともども Perfect で 20分GG でした。

       

      レーンで押し負けて、全レーン崩壊して負けてしまうこともある中で、こういうこともあるので良いですね。

       

      その際は時間とフェーズ毎に、何をやったのか、どうして優位になって、なぜ勝ちに行けたかも思い出してメモると良いなと思います。


      言い訳は封印しましょう。>SoloRanked

      0

        Soloランク前提の話です。

         

        魔境だからしょうがない。

        サポートが下手だから勝てない。

        ADCがCS上げれないから勝てない。

        ミッドがぼっこぼこになったから勝てない。

        TOPにJGが来ないから勝てない。

        どのレーンも負けてるから勝てない。

         

        と、あなたは負けた時に言い訳していませんか?

         

        とかく、他のレーンや他のサモナーの事は見えていますが自身はどうでしょうか?

         

        勿論、その通りかもしれません。AFKで4人になったのに敗因は AFKer にはないというなら嘘になります。

        しかし毎試合そんなことは起きません。

        大事なのは、勝てるメンバ―の時に最高のパフォーマンスを発揮し、きっちり勝つためのノウハウをちゃんと得ているかどうかです。


        Bo3に2度挑戦して突破。

        0

          Bronz5でようやくBo3挑戦権を獲得し、1Loseするもそこから2勝し、1Win=Bo2としてから1Lose、突破には1Winが欲しいところで迎えた試合で、めっさ面白かったので記事にw

           

          言っておきますが、楽しいと言う訳ではない相当冷や冷やした試合だった。しかし、終わってみたら2/16/12のADCを従えた我がチームが12/9/7のADCが引っ張った相手チームを破ってしまった。

           

          要するにADCが頑張れなかったら他が頑張ればいいといういい例だと思う。


          第1回記事ランキングの発表

          0

            んさて、このBLOGを始めて来月で4年が経とうとしています。

             

            記念日は9/5なのですが、記事数はこの記事を除いて、283件。

            4年が4x365日=1,460日として1/6、ほぼ一週間に1記事の割合で書いてることになります。

             

            当初は1日に1記事を目標としてて、LoLBLOGアクセスランキングでも5位内に入った事もありますが、今はもっと下位にw

             

            ま、ランキングを競うつもりはないので気にしていませんが、これだけ素人のようなLoLの考察を興味持って読んでくださっている読者がいらっしゃることは、大変うれしく思っています。

             

             


            異なる競技から見え隠れする、不正と戦うサモナーに捧げたい。

            0

              私が中学時代と高校の1年だけ楽しんだ卓球界で、新たな1ページが刻まれました。

              皆さんご存知のリオデジャネイロ・オリンピック、男子卓球のシングルス銅メダル及び団体銀メダルの事です。

               

              この競技で長年男子を引っ張ってきた水谷準選手が以前コラムとして挙げていた記事を偶然見つけたので、ここで紹介させていただくと共に、LoLというE-Sportsにも共感したところがあるので、記事としました。

               

              <日本卓球の至宝、覚悟の告発> 水谷隼 「世界の卓球界を覆う違法行為を僕は決して許さない」

              というコラムです。

               

              私が冒頭で話した期間に楽しんでいた卓球という競技にも、こんなことが起きていたんだと読んだときは愕然としました。

              このコラムで語られているのは、ラケットに貼られた「ラバー」と呼んでいる、球と直接当たる部分の事です。

               

              いわゆる道具の改造に当たる違反行為を告発している記事なのですが、LoLと通じるところがあると思いませんか?

              それはずばり「ルール違反」と「正々堂々」と戦う事です。


              Why, do you play LoL? It is there because there is a LoL.

              0

                いきなり英語のタイトルですが、日本語に訳すとこうです。

                 

                「なぜ、LoL をプレイするのか?」「それは、そこにLoLがあるから。」

                 

                これはイギリスの有名な登山家ジョージ・マロリーが残した名言になぞっていますが、私がたぶん「50歳過ぎにもなって、どうしてネットゲーム、それもLoLをやってるの?」と聞かれたとすると、こう答えるんじゃないかなと思って記してみました。

                 

                こまごまとした講座が続いたので、少し違った視点でLoLを紐解いてみようと思います。


                LoL 《超》初心者脱出講座<6>(ボット編/サポート)

                0

                  最後の≪超≫初心者脱出講座は、ボット/サポートだ。

                   

                  さて諸君、良いサポートとは、どういうイメージを持っているだろうか。

                  サポートは何をすべきで、何をしてはいけないのか、今回はサポートが心掛ける事を中心に伝えよう。

                  最後だけに、紙面もいっぱい使うつもりだ。

                   

                  ところで、最初に言っておこう。

                   

                  サポートを極めるとゲームが極められる

                  レイトゲームほどサポートが重要になってくる。

                  そして、サポートこそ、LoL ゲームの仕組みと勝ち方を知っているべきRoleであるという事だ

                   

                  では、まいる!


                  LoL 《超》初心者脱出講座<5>(ジャングラー編)

                  0

                    レーンに居座る戦士たちを差し置いて、ともかく森の中を走り回って強襲する。

                    ジャングラーは隙を伺って獲物を狙う獣のようなイメージだろう。

                     

                    ≪超≫初心者脱出講座、5回目となる今回は、ゲーム全体の流れをつかむジャングラーに焦点を当ててみた。

                     

                    「え?流れを掴むってどういうこと?」

                     

                    そんな疑問に思った≪超≫初心者諸君。是非覚えてほしい。

                     

                    ではいくぞ!

                     


                    LoL 《超》初心者脱出講座<4>(ミッド編)

                    0

                      3回までの講座を読んで頂いて、いかがだろうか。

                       

                      重ねていうが、初心者の昭和御爺が書いていることだ。ゴールドやプラチナのサモナー諸氏から見たら「低レベル」の事だろう。

                      思い違いもあるかもしれない。

                       

                      が、1つ断りを入れておこう。

                      ここまでの講座(これ以後も)は、あくまでも昭和御爺が感じてきたことだ。

                      講座の中で「えー?これって違うでしょ?」と思えるところがあるかもしれない。

                       

                      残念ながら、LoL は「正しい答えを追っていく」RPGとは違う

                      そこのところは経験で理解をしてもらいたい

                       

                      さて、4回目はいよいよ花形?のミッドについて述べる。

                      敵ネクサスまで最短距離で結ばれ、常にタイマン勝負でプレイヤーのスキルも多く試されるRoleだ。

                       

                      では、まいるぞ!

                      続きを読む >>

                      << | 2/30PAGES | >>

                      calendar


                      LoL ブログランキングへ
                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM